藤原 まり絵
投稿者:藤原 まり絵
(ディレクター)

こんにちは。プロデュース部の藤原です。

今回は、モノサスでの仕事をきっかけに様々な方の活動を知るなかで変化してきた、気持ちや社会へのアンテナについてお話ししたいと思います。

プロデュース部が関わっている Google の「イノベーション東北」や、神山ものさす塾、FOOD HUB PROJECT など、モノサスは何かと地域との関わりが多い会社です。これらのことは東京で暮らす私にとって、「社会」を身近に感じ、「社会」との関わり方について考える機会をあたえてくれます。

地方の暮らしについては、「開放的な場で、自分の好きなことを好きなペースでできそう」といったスローライフ的な理由で、以前より興味はありました。でもこの考え方には、能動的な暮らしに大切な「社会への関わり方」が欠落しています。このことにまず気づかせてくれたのが、イノベーション東北で活動されている方々の姿・考え方でした。

イノベーション東北は 5 年前の東日本大震災をきっかけにはじまったプロジェクトで、各地で新しいことに挑もうとする人と、その想いに共感し、協力したいと想う人々をつなぐ、マッチングプラットフォームです。

先日、上原がご紹介した「Field Hack ONAGAWA」のフィールドとなった宮城県女川町。この町は、震災による甚大な被害で町を離れざるを得ない人も多くいた中で、復興の歩みを進め、新しい街並みをつくりあげてきました。
羽を広げるウミネコをイメージしたシンボリックな駅舎や、テナント型商店街「シーパルピア女川」が海を臨み、コンパクトな街並みのそこ、ここで、仲間が集い話がはずむ、すてきな町です。

続きを読む

7Jul.2016
         
1
2

二葉にして絶たざれば斧を用うるに至る

3

三人寄れば文殊の知恵

4
5
6
7
8
9

九牛の一毛

10

一朝一夕

11
12
13
14
15
16

六日の菖蒲、十日の菊

17

金の茶釜が七つある

18

海の日

19
20
21
22
23

石の上にも三年

24

丸い卵も切りようで四角

25
26
27
28

07/28 公開

29

07/29 公開

30

三拍子揃う

31

一攫千金